東南アジア旅行記 Day 0 Ticket to Bangkok

@日本・東京


ある朝、眼を覚ました時、これはもうぐずぐずしてはいられない、と思ってしまったのだ。気付けばパスポートを握りしめて「Ticket to Bangkok」と検索していた。休みにはどこそこへ行こうと思っている、といった話をさまざまな共同体の友人からしきりに耳にしていたし、「東南アジアにバックパック」はもうほとんど大学生の必修科目と言ってよい。すなわち、この単位を取らずして卒業はできない。

何をしようか。今回の旅にも、例によってドラムスティックを持っていくため、各地でジャズバーのセッションに混ぜてもらおうと思っているし、ガムランの生演奏を聴きに行くのも愉快だろう。長距離バスに揺られながら私小説など読むのも楽しいはずだし、ローカルなカフェでのんびり文章を書くのもいい。現地に住んでいる友人や、あるいは友人でない人と酌み交わすのは言うまでもない。あとは、「世界中でペナンの女が最もよい」(深夜特急)ので、ペナンで女の子を引っ掛けるのも上等である。

さて、フライトは6時間後だが、寝過ごすのが怖いのと、まだ初日の予定や宿すら決めていないため、一夜漬けをしている。留学で旅慣れをしているとはいえ、海外は2年ぶりだし、まして東南アジアは初めてなので、油断しているといけない。財布、パスポート、そして健康だけは死守しなければ。

バンコクに着いたらワットポーで寝釈迦仏を拝んで、ワットアルンで三島由紀夫に思いを馳せる。それからアユタヤに向かう、くらいは決めた。あとは旅をしながら考えることにしよう。

まずは、成田からバンコク・ドンムアンへ。

f:id:ekanoh:20170904124955p:plain