読みくる。

旅と音楽と時々読書

『丸の内サディスティック』型コード進行のシティポップ5選

f:id:ekanoh:20190416154134p:plain

『丸の内サディスティック』型のコード進行とは?

椎名林檎の『丸の内サディスティック』は言わずと知れた名曲ですが、実は特徴的なコード進行(IVM7 - III7 - VIm7 - I7)が使われていることで知られています。同種のコード進行は『幸福論』『長く短い祭』など椎名林檎に歌われる他の楽曲でも使われており、林檎節を感じさせる重要な要素になっています。

椎名林檎を敬愛するとしている大森靖子もこのコード進行を指して「名曲のコード進行」と呼んでいるのをウェブメディアで見かけたことがあります。なお、実は古くはGrover Washington Jr.の『Just The Two Of Us』などでも使われており、『Just The Two Of Us進行』と呼ばれることも多いかと思います。

同じコード進行のシティポップ

近年、シティポップに該当するようなジャンルの音楽にも、同様のスタイルの曲が多いように感じます。

2017年に聴いたシティポップから、全編を通してこのコード進行(あるいはほとんど同じコード進行)が使われている曲を5つ選んでみましたので、ぜひその雰囲気を感じ取ってみて下さい。

tofubeats / 水星

www.youtube.com

tofubeatsによる、21世紀の『今夜はブギーバック』 界隈ではすっかりアンセム化している印象です。作った当時は大学生だったというのだからすごい・・・

くるり / 琥珀色の街、上海蟹の朝

www.youtube.com

まさか、くるりがシティポップを・・・?と巷を賑わした一曲

ラブリーサマーちゃん / あなたは煙草私はシャボン

www.youtube.com

あどけなさの残る、やくしまるえつこ的サウンド。95年生まれ(若い)

あいみょん / 愛を伝えたいだとか

www.youtube.com

ミレニアルズを代表するポップシンガー。名前の印象とは裏腹にパワフルな歌声。95年生まれ(若い・・・)

LUCKY TAPES / レイディ・ブルース

www.youtube.com

椎名林檎っぽさ、レキシっぽさ、Suchmosっぽさもありつつオリジナリティのあるサウンド


いかがでしょうか?リズムパターンなどでいくつかバリエーションはあるものの、 いかにも官能的で都会的で、アンニュイなサウンドになっているのを感じとれるような気がします。

「これ、丸の内サディスティック進行の曲かな?」と分かると、ちょっぴり嬉しい気持ちになれます(笑)