と、
音楽と、
読書

『多動力』を読んだ ― 昨日と同じ今日を過ごしてないか?

老いとは、新しいものに興味がなくなること。

昨日と同じ今日を過ごしてないか?

堀江貴文 『多動力』

ホリエモンこと堀江貴文氏の『多動力』を読みました。

好奇心に正直に、そして自分のために生きている方だなあ、と感じました。しかし、「自分の時間を生きる」ために「会議中にスマホをいじるのも厭わない」などという記載もあり、「うーん、さすがにそれはどうかな…」と釈然としない部分もありましたが、冒頭の引用も含め、心に響く提言も多かったです。

『多動力』の必要性

さて、多動力とは、いくつもの異なることを同時にこなす力だそうですが、なぜこの時代にそれが必要なのでしょうか。 以下の2つの理由を指摘しています。

  1. サービスのオンライン化
    • Webが産業を横串で刺し、垂直統合型産業の壁を乗り越える
    • iPhoneのホーム画面には、ショッピング、運送、不動産、出会い・・・あらゆる分野のサービスが並ぶ
  2. 情報のオープンソース
    • 職人の秘伝のタレの製法はググれば出てくる
    • 時間をかけて修行して「車輪の再発明」してもムダ

つまり、

  • オープンソースの時代では、機能や品質面で大差ない製品を作ることはどんどん容易になる

ので、

  • 業界の壁を軽やかに飛び越えていく「越境者」に価値がある

というところでしょうか。そして、「越境者」になるための要件が、「多動力」であるといいます。

市場価値=希少価値

いわゆる「プロフェッショナル」というと、ひとつのことにコツコツ取り組み、その分野で大成する人のイメージが強いですよね。そのため、「越境者」は、どちらかと言うと「器用貧乏」の印象も受けるかもしれません。

しかし、ホリエモンは、

  • ダイアモンドは、美しいから高いのではなく、「希少」だから高い

と指摘した上で、以下の考え方を提唱しています。

  1. ひとつのことに一万時間かけると、100人にひとりの人材になる
    • しかし、それ以上続けてもなかなか偏差値が上がらない
  2. そこで、また別のことに一万時間かけると、100人にひとり × 100人にひとり = 一万人にひとりの人材になる

つまり、同じことに時間をかけ続けると、だんだん価値があがりにくくなってくるため、あえて「越境者」として、複数の分野で「80点」を取っていく、ということでしょうか。したがって(80点を取って)「飽きる」ことは、成長の証としています。

本書は、ホリエモン節全開の口語体で軽妙に書かれていますので、1時間足らずで読めます。 『多動力』をいかに実践していくか気になる方は、ぜひご通読を。

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)