太宰治の『朝』は、昭和の『やれたかも委員会』だった

cakes.mu

太宰治の『朝』を読んでいたら、ふっと『やれたかも委員会』を思い出しました。

どうやら「情動との葛藤」は、今も昔も文学のテーマになるようです。

ほんの5分で読める超短編なので、普段あまり興味の無い方も、ぜひ。

太宰治 朝

恋愛は、チャンスではないと思う。

私はそれを意志だと思う。

― 太宰治