読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み込み中にくるくる回るあれ

ジャズとデザインとプログラミング

パリはおしゃれの季語である

ちょうど2年前の3月の日記を見返すと、こんな一文があった。

2015年3月23日

夜のパリを走った。

そんなことあったっけ、なんだったかなあ、と考えあぐねていたが、こないだふと思い出した。


そのころ、パリに旅行に行った。

1週間のひとり旅で、予定は何もなし。

初日にふらっと訪れたモンマルトルの丘がお気に入りだった。

モンマルトルは芸術家が集まる丘として知られており、街歩きが面白い。

石畳の坂道に沿って立ち並んだ民家に、窓枠に腰掛けてキャンバスに筆を走らせる人がいる。

広場の端っこに、ジャンゴ・ラインハルトさながらのジプシー・ジャズギターを演奏する人がいる。

そんな絵画の中のような雰囲気がいっぱいに満ちており、足が棒になるまで歩き回ってもてんで飽きない。

その日は、モンマルトルの丘のふもとにある小さなジャズバーに入ることにした。


f:id:ekanoh:20170323043923p:plain

パリのジャズバーは、ワインやチーズの貯蔵用の地下倉庫を改造してできていることが多い。

なので、壁から天井まですべて石造り。

天井はトンネルのようなアーチを描いていて、隠れ家のような雰囲気だ。

ハイネケンを片手に席に着くと、横に座っていたレバノン人の男性が話しかけてきた。

日本人だ、と言うと、「昔から日本が好きでね」と言う。

数学をやっている、と言うと、「学生時代は科学者に憧れていてね」と言う。

ジャズが好きだ、と言うと、「アメリカにいた時はブルーズをよく聴いていてね」と言う。

妙に気が合い話に花を咲かせていると、いつの間にか目の前に次々とお酒が運ばれてきていた。

彼が「今日は僕のおごりだ」と言っていたので飲み進めていたが、

数瓶開けたところで、無事にホステルに帰れるか不安になってきた。

もう帰ると伝えると、「同じ方向だから」と着いてきた。


店を出て、駅の方角を調べようとしていると、「駅はこっちだ」と案内してくれた。

のこのこと着いていくと、ひと気のないケバブ屋の前で彼の足が止まった。

おや?と思っていると、彼が「ケバブ食うか?」と言いながら、店に引き込んできた。

誰も居ない店内に一歩足を踏み入れた、そのときのことである。

店の奥の、煙に満ちた不思議な暗がりに、アラブ系の男性がうようよいるのを見つけてしまった。

人数にして少なくとも10〜15人は居ただろうか。

一瞬でなにか危ない気配を感じた僕は、 すぐに店を飛び出した。

そして、夜のパリを走った。


後ろは振り返っていないのでわからない。

ひとしきり走ったあとに、街の人に駅の方角を聞き、最寄りだったはずの駅とは2つずれた駅で、ようやく電車に乗り込めた、という普通にただの怖い話だった。

夜の街を逃げ走っただけだが、「パリである」というその1点で、まるで洋小説のような妙なおしゃれさがある。

パリはおしゃれの季語なのである。

www.youtube.com