読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み込み中にくるくる回るあれ

ジャズとデザインとプログラミング

TOEFLiBTを60→100にするまでにやったこと

f:id:ekanoh:20161216122820p:plain f:id:ekanoh:20161216122525p:plain

もちろん110点越えやなんなら満点の方々もいるのですが、 いわゆる純ジャパが試行錯誤しながらTOEFLで100点を獲得するまでにやったことをここにまとめておこうと思います。初期スペックとしては、大学入試当時のセンター英語が9割5分で、大学に入ってからおよそ2年ほど全く英語には触れていない状態で受けたのが最初でした。

対象

  • これから海外、特に北米の大学院を検討している大学3〜4年生
  • 交換留学などのプログラムに興味がある大学1〜2年生
  • 社内での派遣留学を検討している新入社員

など、3ヶ月から1年程度かけてじっくりスコアを向上させたい/させる必要のある人向けになります。 TOEFL受験直前で、ダミー問題や当日の動き方について知りたい方は以下のWebサイトがおすすめです。

study-share.net

TOEFLパート別対策

Reading

Readingパートは扱うトピックが歴史・生物・地学・心理学など特定の領域に偏っていることもあり、 単語力と問題慣れがすべてです。トピック別に長文を読んで覚えていくのが効率がいいでしょう。

  • 400 Must-Have Words for TOEFL
  • TOEFLの公式ガイド・TOEFL Practice Onlineの問題・過去問など計30題

をやりました。過去問を解く際は、

  • 時間を測って15分で解く
  • 出てきた単語でわからなかったものは全て調べる

の2つは厳守していました。

400 Must-Have Words for TOEFL

こちらの書籍は

  • 単語の紹介
  • それを使った1ページの長文

が繰り返されており使いやすいです。

Listening

初回はデタラメに答えて15点を獲得してしまったので、ここは本当に大変でした。

TOEFL Plan-TOEFL Listening

TOEFL Plan-TOEFL Listening

  • 北京爱语吧科技有限公司
  • Education
  • Free

どちらもわかるまで何度も聞いて、徹底的にリスニングを行いました。 リスニングプラザはディクテーションシートが提供されているので、印刷して取り組みました。

リスニングのための耳を鍛えるには、目をつぶって聞くのが最も効果的だと思います。 他のことに脳のリソースを使わないために、本番でもどうしても必要な場合以外メモは取りませんでした。

なお、メモを取る場合は

  • relationはrltn、photosynthesisはphtsnthssなど、子音のみにする
  • thereforeは→、butは<->、for exampleはeg.など省略記法を覚える

など、とにかく手を動かさないで済むようにするといいでしょう。

Speaking

おなじくデタラメに答えて15点を獲得してしまいましたので大変でした。 まず発音やイントネーションを学び、次にiBTの問題に対して望ましい構造化のフォーマットを学びました。

www.youtube.com

notefullはTOEFL Speakingの対策の鉄板と言っても過言ではなく、有料登録して教材を購入してもいいくらいです。 しかしYoutubeに十分な量の講義動画があがっているので、まずはそちらを全てチェックするといいと思います

Writing

こちらもnotefullのジョセフ先生のメソッドに従いました。 independentタスクのアウトプットはお題を決めてLang-8で添削してもらっていました。

  • 最初の5分は全体の論理構成を考えるのに使い、最後の5分は見直し
  • パラグラフは4〜5つでWord Countは500を目標にする
  • パラフレーズを意識する

という3点に特に注意していました。

モチベーションの維持

どうも気が乗らない、という日ももちろんあったので、上記TOEFLの対策以外に

  • 英語のPodcastを聴く
  • 洋ドラマや洋画を見る
  • 洋楽を聴く
  • 洋書を読む
  • TEDを見る

などしていました。(今もしています!)ドラマなどが好きだとモチベーションの維持になりますし、汎用的な英語力の向上にも繋がります。ぜひ自分が好きなコンテンツを見つけてください。ちなみに僕はBig Bang TheoryやGame of Thronesが好きでした。

www.cbs.com