読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み込み中にくるくる回るあれ

ジャズとデザインとプログラミング

「人工知能は人間を超えるか」を読んだ

プログラミング 深層学習 人工知能

人工知能は人間を超えるか」を読みました。

著者は東大の松尾先生。TEDにも登壇しています。

www.youtube.com

どんなことが書いてあるか

  1. 第一次人工知能ブームから現在の第三次ブームまでの歴史
  2. 人工知能」と呼ばれているものたちの整理
  3. 有名な機械学習手法の簡易な解説(決定木・SVM・深層学習など)
  4. 人間の仕事はどれほど奪われるのか

全体を通じて「特徴量抽出」がキーワードになっており、2012年に「Googleがネコを認識した」のがなぜ「本当にすごい」のかが書かれています。

どんな人におすすめか

  • パーセプトロンSVMはかじったが、機械学習の勘所がわかっていない
  • 数式をゴリゴリ追いたくないけどニューラルネットの機構を理解してみたい
  • 機械が「概念」を習得するってどういうこと?
  • そもそもなんでこんなに流行ってるんだっけ

という方々におすすめです。

所感

人工知能における「意識」の定義にも言及していますが、クオリアや量子現象などといったやや哲学的な「意識の境界」を議論することなく、あくまで構成論的に人工知能を研究する立場を取っています。なので、込み入った議論が少なく大変読みやすかったです。(「受動意識仮説」を前提にしているとも言えるんでしょうか?)

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)