読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み込み中にくるくる回るあれ

ジャズとデザインとプログラミング

ビッグデータをクリエイティブに

デザイン プログラミング

ESを提出したりインターンや本選考の面接を受けたりする、いわゆる就職活動を始めて都合1年が経った中で、あらためてマインドマップを書きながら、”デザイン”と”エンジニア”をくるくる往復し、鉛筆を放り投げた。ギターを弾きたくなる気持ちをぐっと堪えて諦めずに調べ物をしていたら、デジタルとクリエイティブに関してすこしわかってきたことがあるので書いておく。

デジタルとクリエイティブ

クリエイティブとは、アイデアを元に作られる、何らかの新しいデザインやコンテンツのこと。デジタル×クリエイティブと聞くと、ライゾマティクスの真鍋大度氏やTeamLab代表の猪子寿之氏、あとは落合陽一氏などが頭に浮かんでいたが、その他に、とりわけ広告クリエイティブの領域で活躍するCreative Technologistという職業があるのがわかった。

news.mynavi.jp

「新技術を開発するのではなく、今あるテクノロジーを使って新しい表現方法を見つけ出す仕事です。皆さんがよく使うテクノロジーでも、見方を変えることで新しい表現手法が生まれます」

ビッグデータをクリエイティブに

広告の新表現を追究するCreative Technologistの仕事の中でもとりわけ目立っているのは、データを映像や音楽に昇華させた作品だと思う。 数字や文字の羅列であるデータセットを、より直感的で、伝えるべき特徴がわかりやすいものに生まれ変わらせる。

東日本大震災の復興を「道の再生」から眺める

菅野薫氏(電通

インターナビ搭載車の走行データから、道路の再開通の様子を可視化している。

www.youtube.com

近年のビジネスの動向を「音楽」と「映像」に

Hannah Davis氏(Accenture Strategy)

  • 主要なビジネストピックから600頁相当の記事データを取得
  • Sentiment Analysis*1により8種類の「感情」に分類
  • 「感情」データからメロディーのキー・テンポ・ピッチを指定

という行程を経て得られたモチーフ・メロディを作曲家・編曲家がアレンジしている。 Data Visualistによるデータの可視化も行われ、オーケストラの演奏と合わせてパフォーマンスも。

www.youtube.com

思ったこと

まだまだ出来ることは少ないな、と思う一方で、その可能性にわくわくした。 自分もエンジニアリングとデザインとビジネスの合間に佇んで、人のこころに近づいていければ、と思う。 その道を突き進んでくれた先駆者たちに感謝の念しかない。

おまけ

http://dotinstall.com/lessons/basic_processing_v2

コード書いて画像を描画ってどれくらいできるの?と思ったのでProcessing 3に入門してみました。 試しに再帰的に定義した禍々しい木を描画させています。書いたコードはGitHubにて。

github.com

f:id:ekanoh:20161206173342p:plain

*1:感情分析。機械学習の一種で、文章を入力するとそれがどのような「感情」なのかを出力してくれる分類器。応用例としては、Twitterのデータからトランプの勝利を予測するものがある。