エッセイ

東南アジア旅行記 Day 11 東洋のベニス・マラッカ

@マレーシア・マラッカ クアラ・ルンプールからわずか10リンギット(≒250円)、バスで2時間ほど揺られれば、ほとんど一切のトラブルも無く、世界遺産・マラッカに到着した。 歴史上貿易港として栄えて来たマラッカには、マレー、インディア、中国に加えて…

東南アジア旅行記 Day 10 クアラ・ルンプールの打ち上げ花火

@マレーシア・クアラルンプール 東南アジアの料理は、ふつうの日本人にとっては量が多いことも多いが、スパイスが効いているため、苦しみながらも平らげてしまう。食後、耳孔からポタポタと汗を落としながら、不必要なまでに甘味が効いたローカル珈琲「コピ…

東南アジア旅行記 Day 9 都会に埋没して

@マレーシア・クアラルンプール クアラ・ルンプールは兎にも角にも都会だ。世界最大級のショッピング・モールに、世界最大級のツイン・タワー。各国の料理が集まるストリートに、世界中からの人びとが集う。ゴキブリまで無闇に大きいことさえ除けば、誰であ…

東南アジア旅行記 Day 8 クアラ・ルンプールでは、眉に唾を付けよ

@マレーシア・ペナン〜マレーシア・クアラルンプール ペナン島の中心、ジョージ・タウンの最大とも言える特徴は、街の至る所で遭遇するストリート・アートであろう。 ほとんどのイラストは、街の小道具をそのまま活かし、壁中と壁外の世界を結ぶように描か…

東南アジア旅行記 Day 7 私たちは、人を変えることはできません。

@マレーシア・ペナン 汗臭くなった衣類をコイン・ランドリーにかけながら、『Mug Shot Cafe』で旅行記を一筆書いた。 愛想のいい店員にサーブされたアイス・カプチーノにベーグルが付いて、これ以上心地よい朝食があるだろうか? さて、どこへ行こう。ホス…

東南アジア旅行記 Day 6 説教おじさん is everywhere

@タイ・ハジャイ〜マレーシア・ペナン ――海峡の短い橋を渡ると、ユートピアがあった。 ハジャイの旅行代理店「Cathey GuestHouse」でペナン行きのミニバスのチケットを買って、バスでの国境越えを試みた。ドライバーのタイ人は妻夫木聡に似た顔立ちだが、眉…

東南アジア旅行記 Day 5 マレー半島を寝台列車で南下する

@タイ・バンコク〜タイ・ハジャイ バンコクは、言わずと知れた世界一の交通都市だ。タクシーに乗っても、渋滞に巻き込まれるとひとたまりもない。そこで、もしひとり旅なら、トゥクトゥクより、タクシーより、バイク・タクシーを選ぶのを強くお薦めする。疾…

東南アジア旅行記 Day 4 キム・ジョンイルはお好きですか?

@タイ・バンコク 昨日は夜が明けるまで酒を飲んでいたので、昼前まで泥のように寝た。朝起きてバッグを開けてみると、既にこれから着る服が無くなってしまっていた。洗濯洗剤を買って服を手洗いして、干したのだが、今日に限ってなかなか陽がでない。仕方な…

東南アジア旅行記 Day 3 シンハー・ビール・デイ

@タイ・バンコク〜タイ・アユタヤ どうやってアユタヤに行こうか、ベッドの上で調べていたら、昨日のタイ人の人妻2人組が車でアユタヤに行かないかと誘ってきていた。願ったり叶ったり、である。朝ごはんには露店で売っているバナナと牛乳を流し込んだ。東…

東南アジア旅行記 Day 2 「カ〜ンブリア〜!」

@タイ・バンコク 深夜、やっとの思いで眠りについたところで、ピカッと光って、すぐに轟音が響いた。かなり近いところに落ちたようだ。じきにバケツをひっくり返したような雨が降ってきて、部屋のシャワーもこれくらい出ればいいのに、と思った。 翌朝、ス…

東南アジア旅行記 Day 1 ぬるっとバンコク

@日本・成田〜タイ・バンコク 成田空港の出航ゲートに並んでいたら、CAがキメ顔でセルフィーを撮っているのが目に入った。格安航空にはこういうのは付き物だが、いいねの数ではなく乗客を数えて欲しいものである。私の後ろに並んでいた女子大生風が、「4時…

東南アジア旅行記 Day 0 Ticket to Bangkok

@日本・東京 ある朝、眼を覚ました時、これはもうぐずぐずしてはいられない、と思ってしまったのだ。気付けばパスポートを握りしめて「Ticket to Bangkok」と検索していた。休みにはどこそこへ行こうと思っている、といった話をさまざまな共同体の友人から…

No Beer, No Live

ちょうど一昨年の今日、留学先のイギリス・ニューカッスルから日本に帰ってきた。私はイギリスにいる間、ピアノ・トリオと呼ばれる3人編成のジャズバンドで演奏活動を行っていたので、帰国の前日には、そのメンバーの1人であるPeterとお酒を飲み交わすこと…

ちょっと足りない

寝すぎた日があると、どうも頭が回らない。腹は八分目がちょうどいい。精魂尽き果てるセックスは、翌日に響く。とかく欲と言うものは、満たしすぎると悪影響を及ぼすようだ。 むしろ目の欠けた竜の絵を見て、何か足りない、という渇望の妙を楽しむうちが花な…

パリはおしゃれの季語である

ちょうど2年前の3月の日記を見返すと、こんな一文があった。 2015年3月23日 夜のパリを走った。 そんなことあったっけ、なんだったかなあ、と考えあぐねていたが、こないだふと思い出した。 そのころ、パリに旅行に行った。 1週間のひとり旅で、予定は何…

わくわく感はどこにあるのか

大人になると、わくわくしなくなるといいます。 どきどきしなくなっているわけではないです。 たとえば、初めてのスピーチの壇上に登る新入社員。 「覚えたとおりに喋れるかなあ」と考えています。 はらはらしなくなっているわけでもないでしょう。 客席を見…

静けさは嵐のあとに訪れる

これは、『ポール=マルリの洪水』という絵画です。 アルフレッド・シスレーが、雪解けによる洪水に襲われたパリのようすを描いたものです。 破壊的な浸水に見舞われた街の風景、というには、あまりにもきれいな青空です。 小舟に乗った2人の街人も、他愛も…

京都に行ったことはありますか

先日、「京都に行ったことはありますか」と職場の先輩に尋ねた。すると、「行きましたよ。たしかに、すごく集中はできましたね。」との返答だった。 どうやら、京都の道はすべて「哲学の道」だと思っていたらしい。 いやいや、京都をなんやと思ってるんです…

インドのデリーからイギリスのロンドンまで

www.youtube.com 『深夜特急』という紀行小説がある。幼少期、冬休みにぼんやりと見ていたテレビで『劇的紀行 深夜特急』という大沢たかお主演のドラマが再放送されていた。この小説をドキュメンタリー調でドラマ化したもので、人生で初めて最初から最後まで…