と、
音楽と、
読書

エッセイ

浅学と不徳としたり顔と

音の鳴る何がしの修練を10年続けて、ときには1日のすべてをそれに費やし(嗚呼、なんとエゴイスティックで効率の悪い時間だったことだろう!)ても尚、私はあまりにも未熟で、そして音楽の奥深さには恍惚と諦念すら感じるというのに、たった1年とすこしばか…

Day 12 好事成双(終)

@マレーシア・マラッカ 「あることに気付いた。館内にある家具や食器など、すべて偶数個なのである。」

Day 11 東洋のベニス・マラッカ

@マレーシア・マラッカ 「マラッカには、文化の混沌がある。」「マラッカには、共有の文化がある。」「マラッカには、水がある。」

Day 10 クアラ・ルンプールの打ち上げ花火

@マレーシア・クアラルンプール 「ある晩、いつものように食事を取っていた折に、街に突然銃声のような〈破裂音〉が響いた。」

Day 9 都会に埋没して

@マレーシア・クアラルンプール 「私は、焦っていた。ここでは、ありとあらゆる欲望を満たせる。」

Day 8 クアラ・ルンプールでは、眉に唾を付けよ

@マレーシア・ペナン〜クアラルンプール 「私たちは事無きを得ることができたが、彼女は私の代わりにいつまでもプンスカ怒っていた。」

Day 7 私たちは、人を変えることはできません。

@マレーシア・ペナン 「私たちは、人を変えることはできませんが、仏陀が拓いた道を辿っていくことで、自分は変えられるのです。ところで――」

Day 6 説教おじさん is everywhere

@タイ・ハジャイ〜マレーシア・ペナン 「乗客から舌打ちやため息が漏れ始めた。みな、明らかにイライラしていた。」

Day 5 マレー半島を寝台列車で南下する

@タイ・バンコク〜ハジャイ 「列車は夜を徹して走り続け、予定通り翌朝6時にハジャイ駅に到着した。」

Day 4 キム・ジョンイルはお好きですか?

@タイ・バンコク 「すらっと伸びた手足、引き締まった腰回り、丁寧に施された化粧。」

Day 3 シンハー・ビール・デイ

@タイ・バンコク 「リズム・セクションにピアノ・ソロが合流した。やはり。彼の音だ。」

Day 2 「カ〜ンブリア〜!」

@タイ・バンコク 「目的地を告げると、『カ〜ンブリア〜!カ〜ンブリア〜!』と叫ばれた。」

Day 1 ぬるっとバンコク

@日本・成田〜タイ・バンコク 「ぬるっとした風が身体にまとわりついた。」

Day 0 Ticket to Bangkok

@日本・東京 「すなわち、この単位を取らずして卒業はできない。」

社会人特有の「◯◯と思っていて〜」という表現について

社会人の会話は独特だ。私も就活生としていくつかの会社のミーティングなどに足を突っ込んだことがあるが、会議では「社会人の会話表現」が使えないと歯が立たない。初心者はまずは、「そもそも、これの目的は何だったっけ?」と5分に1回ほど尋ねておくと…

No Beer, No Live

ちょうど一昨年の今日、留学先のイギリス・ニューカッスルから日本に帰ってきた。私はイギリスにいる間、ピアノ・トリオと呼ばれる3人編成のジャズバンドで演奏活動を行っていたので、帰国の前日には、そのメンバーの1人であるPeterとお酒を飲み交わすこと…

ちょっと足りない

寝すぎた日があると、どうも頭が回らない。腹は八分目がちょうどいい。精魂尽き果てるセックスは、翌日に響く。とかく欲と言うものは、満たしすぎると悪影響を及ぼすようだ。 むしろ目の欠けた竜の絵を見て、何か足りない、という渇望の妙を楽しむうちが花な…

伝えたいこととかあんまり無いんですよ

ウェブマガジンのVATEに、私が尊敬しているギタリストのひとりである馬場孝喜氏のインタビューが載っていた。 www.squeeze-jp.com 阪大の理学部で物理学を学び、そこからミュージシャンとして生きていく道を選んだ、いわゆる変わり者だ。 音楽的には、ブラジ…

パリはおしゃれの季語である

ちょうど2年前の3月の日記を見返すと、こんな一文があった。 2015年3月23日 夜のパリを走った。 そんなことあったっけ、なんだったかなあ、と考えあぐねていたが、こないだふと思い出した。 そのころ、パリに旅行に行った。 1週間のひとり旅で、予定は何…

ハッとして、グッとくる

「ハッとして、グッとくる」は、「優れたアイデアはどういうものか?」という問いに対するひとつの答えである。「ハッ」として心が動き、「グッ」と身体を動かそうと思える、ということを意味している。たとえば、手段に新奇性があり「ハッ」として、目的が…

わくわく感はどこにあるのか

大人になると、わくわくしなくなるといいます。 どきどきしなくなっているわけではないです。 たとえば、初めてのスピーチの壇上に登る新入社員。 「覚えたとおりに喋れるかなあ」と考えています。 はらはらしなくなっているわけでもないでしょう。 客席を見…

『風をあつめて』弾いてみた

www.youtube.com 街のはずれの 背のびした路次(ろじ)を 散歩してたら 汚点(しみ)だらけの 靄(もや)ごしに 起きぬけの路面電車が 海を渡るのが 見えたんです それで ぼくも 風をあつめて 風をあつめて 風をあつめて 蒼空(あおぞら)を翔けたいんです …

静けさは嵐のあとに訪れる

これは、『ポール=マルリの洪水』という絵画です。 アルフレッド・シスレーが、雪解けによる洪水に襲われたパリのようすを描いたものです。 破壊的な浸水に見舞われた街の風景、というには、あまりにもきれいな青空です。 小舟に乗った2人の街人も、他愛も…

京都に行ったことはありますか

先日、「京都に行ったことはありますか」と職場の先輩に尋ねた。すると、「行きましたよ。たしかに、すごく集中はできましたね。」との返答だった。 どうやら、京都の道はすべて「哲学の道」だと思っていたらしい。 いやいや、京都をなんやと思ってるんです…

インドのデリーからイギリスのロンドンまで

www.youtube.com 『深夜特急』という紀行小説がある。幼少期、冬休みにぼんやりと見ていたテレビで『劇的紀行 深夜特急』という大沢たかお主演のドラマが再放送されていた。この小説をドキュメンタリー調でドラマ化したもので、人生で初めて最初から最後まで…

今日の後に今日なし

みなさま、あけましておめでとうございます。 今年の年末年始は、友人たちから申し合わせたようにたくさんの婚約・入籍報告を聞きました。このところ気持ちのいい晴天が続いたこともあり、とても晴れやかな気分です。みんな少しずつ幸せに向かっていて、心か…

就活とはインターンをすることである

日系の教育系の会社で、新規アプリ立案・開発するインターンに参加した。 恐れ多くも最優秀賞とMVP賞を頂き、誕生日まで祝って頂き、とても貴重な体験をすることができた。 いつのまにやら年の瀬なので、すこしずつ今年のことを振り返っていこうと思う。 今…

コトバに出しつづける必要性について

ふつうの人ならとうに気付いてるだろうことを、この歳になってようやく気付き始めたことに恥ずかしさが募ってならないが、大切な心境の変化なのでまとめておきたいと思う。 たくさんの人に会う 高校から続けてきたジャズバンド活動に終止符を打ち、大学3年生…

ビッグデータをクリエイティブに

ESを提出したりインターンや本選考の面接を受けたりする、いわゆる就職活動を始めて都合1年が経った中で、あらためてマインドマップを書きながら、”デザイン”と”エンジニア”をくるくる往復し、鉛筆を放り投げた。ギターを弾きたくなる気持ちをぐっと堪えて…

まぶたの裏に「読み込み中にくるくる回るあれ」を見て

Spinner(スピナー)などと呼ばれるらしい。 一般にはPreloader(プレローダー)と呼ばれるものの一種のようだ。 今夜は、眠りにつくかつかないかの境目、まぶたの裏にスピナーがあらわれて、なかなか夢が始まらなかった。 東京に来てからというもの、毎日が…