読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み込み中にくるくる回るあれ

ジャズとデザインとプログラミング

インドのデリーからイギリスのロンドンまで

www.youtube.com

深夜特急』という紀行小説がある。幼少期、冬休みにぼんやりと見ていたテレビで『劇的紀行 深夜特急』という大沢たかお主演のドラマが再放送されていた。この小説をドキュメンタリー調でドラマ化したもので、人生で初めて最初から最後まで見たドラマだった。毎日、次の回を見るのが楽しみになり、気付けばテレビに食い入るように見入っていた。

小説の著者の沢木耕太郎は、デリーからロンドンまで、乗り合いバスのみを使い陸路の旅に出る。「気ままな一人旅」というやつで、仕事も辞めて、予定も立てず、その日の気分で歩を進める。ぼったくられたり、騙されたりする。そして、少しずつ旅に慣れていく。気付けば、人生とは何か、そういった精神的な旅にも出始める。

私は、なにか大きな決断をするとき、いつも『深夜特急』に立ち戻ることにしている。社会に要請され身に付けてきた甲冑を通り抜けて、心の深いところにぷすっと刺さり、心地いい痛みを味わせてくれる。「なるほど、どうせなら旅をしよう」と思う。

作中に、好きな一説がある。

思いきり手足が伸せる幸せを味わいながら、甲板に坐ってチャイを飲み、河を渡る風に吹かれていると、カトマンズからの30時間に及ぶ強行軍が、もうすでに楽しかったものと思えてきそうになる。

なんと心地よいのだろう。その気持を言表わしたいのだが、どうしても適切な言葉が見あたらない。 すると、放心したような表情で空を眺めていたアランがぽつりと言う。

"Breeze is nice"

うまいなあ、と思う。

ひとふきのそよ風が、幸せを運んでくれるような人生とはどういったものだろうか。そういったことに思いを馳せる。 すこし辛くても楽しく、刺激的な人生で、たくさんの人に会い、たくさんの本を読み、たくさんの旅に出たい。

今日の後に今日なし

みなさま、あけましておめでとうございます。 今年の年末年始は、友人たちから申し合わせたようにたくさんの婚約・入籍報告を聞きました。このところ気持ちのいい晴天が続いたこともあり、とても晴れやかな気分です。みんな少しずつ幸せに向かっていて、心から祝福したいように思います。

抱負

さて、「一年の計は元旦にあり」ということで、ご多分に漏れず今年の抱負をここに記します。

今年は、

「毎日の変化を楽しみ、経験を噛み締める」

をキーワードに生きていきたいです。

昨年は、どうもTo-DoリストやWant-To-Doリストの優先順位を付けきれないことが多かった1年でした。 ひどいときは1ヶ月悩みに悩んで、とりたてて変化のない日々が続いたこともありました。しかし決めかねた挙句、とりあえず上からなめてみたところ、なんだかんだ発見がありました。

原因は、

  • 不十分な1次情報・肌感覚
  • 身の回りの「誰か」と比べることによる焦り
  • やることの言語化不足

といったところに集約されますが、ひとつめの要因がもっとも大きいように思います。 やっぱり、やってみないことにはわからない。

つまり、

  • まずはやってみて、少しずつ軌道修正していく。
  • 「できそう」「楽しそう」と思えば、もうひと踏ん張りする。
  • 「ちょっと違うな」と思えば、素直に認めて、経験として言語化していく。

ということを繰り返していきたいです。

変化は幸せ

毎日、少しずつ変わっていくこと。 どうやら人間というものは、自分の意思でとった行動により何かが変われば、幸せを感じれるようです。

それが、

  • 新しいことができるようになった
  • 成果がでた
  • 誰かに感謝された

といったことであれば尚の事でしょう。

では、今年は早速やってみたいことがあるので、今日から取り組んでいきたいと思います。

それではみなさま、本年もどうかよろしくお願いいたします!

カラオケでハモりを入れてくるやつ

大好きです。

クリスマスは学生アカペラグループ「LaVoce」の冬公演に行きました。「ハモネプ」の世界でした。 演奏だけでなく照明など演出もしっかり力を入れていて、純粋にレベルが高かったです。

自分が音楽を聴いていて鳥肌が立つ瞬間は、

  • 無意識に身体が動いてしまうほどグルーブしているとき
  • 音が壁のようになって迫ってくるほどアンサンブルしているとき
  • 変わったコードが後ろで鳴っていたり予想外の進行が来るとき
  • 何と言っても音色が素晴らしいとき

などなど、書き出すのが難しいのもありますが、それらが代わる代わるやってきて、本当に最初から最後まで鳥肌立ちっぱなしでした。 アレンジも凝っていて、8ビートやダンス以外にも4ビート、ボッサ、シャッフルだったりバラエティに富んでいました。

そして、技術的なところもさることながら、みんな「音楽って楽しい!」という気持ちで歌っているのが笑顔から伝わってきて、とても幸せな気持ちになりました。音楽って楽しいなあ。招待してくれた友人には本当に感謝です。

興奮冷めやらず、家に帰ってきてからも思わずボーカルハモりものの動画を漁ってしまったので、好きなテイクをいくつか紹介したいと思います。

ポップ

Clarence Liew & Jeremy Passion / Ariana Grande Medley

www.youtube.com

大好きな2人がAriana Grandeの名曲を歌っています、楽しそう! Clarence Liewがむっちゃ可愛くて癒やされます。(笑)

Accent / Sugar

www.youtube.com

アメリカ・フランス・スウェーデン・カナダ・イギリスの5カ国のプレイヤーのアカペラグループ。 節々にネタが仕込まれたアレンジと、ベースのどっしり腰を据えたグルーブ感が聴きどころ。

ジャズ

New York Voices / On A Clear Day

www.youtube.com

アカペラはたまにで、バンドと一緒に演奏することの多いボーカルグループ。 3:00あたりから始まるDarmon Meaderのスキャットが大好きです。

Jacob Collier / Fascinating Rhythm

www.youtube.com

最後は、あのPat Methenyをして"I am a big fan"と言わしめた、21歳の天才。 複雑で奇怪で神秘的で、それでいて身体が踊ってしまう、ある種麻薬的なサウンド。 もう何度見たことかわかりません。 どうしてもテンションが上がってしまうので、寝る前に聴くのは避けたいです。

アルバム「In My Room」をリリースした後のインタビューで、"What, for you, makes a good song ?"という質問に対して以下のように答えていたのが印象的でした。

For me, I think the best thing that you could aim for is to be as true to yourself as you can. And so, I looked at myself when making this album I just released, "well, Jacob, what's it all about ?" (僕にとって一番いいのは、「自分に正直であること」なんだ。 だから、このアルバムを作る時、「で、ジェイコブ、お前って一体何なの?」って問いかけたのさ。)

Jacob Collier interview - YouTube 7:00〜から上記引用箇所