なぜ、素晴らしい音楽を聴くと涙が出るのか?

部屋で小曽根真の"We’re All Alone"を聴いていたら、気付いたら涙が出ていた。

私も音楽の演奏者の端くれとして、「どうすればライブで人が感動するのか?」ということを考える。そのため、音楽を聴いて涙が出たり鳥肌が立つと、思わず心の琴線と対話したくなる。もちろん、ひとしきり堪能したあとだが。

なぜ、素晴らしい音楽を聴くと涙が出るのか? ウォール・ストリート・ジャーナルに、「泣ける曲の解剖学」というタイトルの記事があった。

www.wsj.com

記事によると、イギリスの心理学者、ジョン・スロボダが20年ほど前に簡単な実験を行っているらしい。

スロボダは、音楽好きを集めて、身体的な反応(涙または鳥肌など)を引き起こすフレーズをいくつか選び取ってもらった。すると、選ばれた20種類のうち、18種類のフレーズが『アポジャトゥーラ(倚音)*1』を含んでいることがわかった。

https://upload.wikimedia.org/score/s/1/s142lkv6u05c02okami11plqr2t07p8/s142lkv6.png

アポジャトゥーラとは、旋律とぶつかる(非和声音である)ような装飾音のことだ。アポジャトゥーラは、聴き手に一定の緊張を引き起こす。そこから期待していたメロディに戻ると、緊張が解決され、心地よさを覚える。なので、アポジャトゥーラが連続して続くと、緊張と緩和が繰り返された結果、感情が文字通り揺さぶられ、いつしか涙になるという話だ。

さて、私は音楽における感動がすべてアポジャトゥーラに依っているとは思わない。これはたとえば、昨年、英科学誌ネイチャーで発表された論文で、「西洋音楽に慣れていない南米アマゾンの先住民族は、不協和音を聴いても不快に感じない」ことが明らかになったことからもわかる。なので、「緊張」が何によって引き起こされるかは個々人のコンテクストによるはずなのだ。

www.ncbi.nlm.nih.gov

より抽象的に、「緊張と緩和」が感動を引き起こすと解釈すれば、ある程度納得がいく。アポジャトゥーラでも、テンションノート*2でも、ポリリズム*3でも、ダイナミクス*4でも、手法はなんでも構わない。聴衆の緊張と緩和をうまくコントロールする音楽は、ブランコに乗る子どもを押すように、少しずつ、そして次第に大きく、感情を揺さぶるようだ。

*1:または、短前打音(装飾音符)。記譜上は短前打音であるが、バロック時代は完全に旋律の一部として演奏され、記譜よりも長い音価をとる。解決和音に含まれない非和声音であり、解決和音に寄りかかるという意味で倚音と呼ぶ。 会報より|モォツァルト広場

*2:非和声音のうち、和音の響きに緊張感を与え、かつ和音進行を阻害しない音

*3:楽曲中、または演奏中に、複数の異なる拍子が同時に用いられている状態

*4:音の強弱の変化ないし対比による音楽表現

『丸の内サディスティック』型コード進行のシティポップ5選

www.youtube.com

椎名林檎の『丸の内サディスティック』は言わずと知れた名曲ですが、印象的なコード進行(IVM7 - III7 - VIm7 - I7)が使われていることでも有名です。似たコード進行は、『幸福論』『長く短い祭』などでも使われており、林檎節を特徴づけるひとつの要素と言えるでしょう。椎名林檎を敬愛する大森靖子も、「名曲のコード進行」と呼んでいます。ちなみに、Grover Washington Jr.の『Just The Two Of Us』で使われていることから、Just The Two Of Us進行と呼ばれることも多いです。

全編を通してこのコード進行(または、ほとんど同じ進行)が使われている曲から、シティポップを5曲選びました。

tofubeats / 水星

www.youtube.com

tofubeatsによる、21世紀の『今夜はブギーバック

くるり / 琥珀色の街、上海蟹の朝

www.youtube.com

まさか、くるりがシティポップを・・・?と巷を賑わした一曲

ラブリーサマーちゃん / あなたは煙草私はシャボン

www.youtube.com

あどけなさの残る、やくしまるえつこ的サウンド。95年生まれ

あいみょん / 愛を伝えたいだとか

www.youtube.com

ミレニアルズ・メンヘラポップシンガー。95年生まれ

LUCKY TAPES / レイディ・ブルース

www.youtube.com

椎名林檎、レキシ、Suchmos、ごちゃまぜ。


いかがでしょうか?リズムパターンなどでいくつかバリエーションはあるものの、いかにも官能的で都会的で、アンニュイなサウンドになっているのを感じれると思います。他にも、UNCHAINが『Movin' My Soul』でイケイケドンドンに仕上げて来たり、ともさかりえが『木蓮のクリーム』でメジャーに解決するアレンジで変化球をかけてくるなど、このコード進行が使われている曲を挙げれば枚挙にいとまがありません。

「これ、丸サ進行の曲かな?」と分かると、ちょっぴり嬉しい気持ちになれます(笑)ぜひ意識して聴いてみてください。

『多動力』を読んだ ― 昨日と同じ今日を過ごしてないか?

老いとは、新しいものに興味がなくなること。

昨日と同じ今日を過ごしてないか?

堀江貴文 『多動力』

ホリエモンこと堀江貴文氏の『多動力』を読みました。

好奇心に正直に、そして自分のために生きている方だなあ、と感じました。しかし、「自分の時間を生きる」ために「会議中にスマホをいじるのも厭わない」などという記載もあり、「うーん、さすがにそれはどうかな…」と釈然としない部分もありましたが、冒頭の引用も含め、心に響く提言も多かったです。

『多動力』の必要性

さて、多動力とは、いくつもの異なることを同時にこなす力だそうですが、なぜこの時代にそれが必要なのでしょうか。 以下の2つの理由を指摘しています。

  1. サービスのオンライン化
    • Webが産業を横串で刺し、垂直統合型産業の壁を乗り越える
    • iPhoneのホーム画面には、ショッピング、運送、不動産、出会い・・・あらゆる分野のサービスが並ぶ
  2. 情報のオープンソース
    • 職人の秘伝のタレの製法はググれば出てくる
    • 時間をかけて修行して「車輪の再発明」してもムダ

つまり、

  • オープンソースの時代では、機能や品質面で大差ない製品を作ることはどんどん容易になる

ので、

  • 業界の壁を軽やかに飛び越えていく「越境者」に価値がある

というところでしょうか。そして、「越境者」になるための要件が、「多動力」であるといいます。

市場価値=希少価値

いわゆる「プロフェッショナル」というと、ひとつのことにコツコツ取り組み、その分野で大成する人のイメージが強いですよね。そのため、「越境者」は、どちらかと言うと「器用貧乏」の印象も受けるかもしれません。

しかし、ホリエモンは、

  • ダイアモンドは、美しいから高いのではなく、「希少」だから高い

と指摘した上で、以下の考え方を提唱しています。

  1. ひとつのことに一万時間かけると、100人にひとりの人材になる
    • しかし、それ以上続けてもなかなか偏差値が上がらない
  2. そこで、また別のことに一万時間かけると、100人にひとり × 100人にひとり = 一万人にひとりの人材になる

つまり、同じことに時間をかけ続けると、だんだん価値があがりにくくなってくるため、あえて「越境者」として、複数の分野で「80点」を取っていく、ということでしょうか。したがって(80点を取って)「飽きる」ことは、成長の証としています。

本書は、ホリエモン節全開の口語体で軽妙に書かれていますので、1時間足らずで読めます。 『多動力』をいかに実践していくか気になる方は、ぜひご通読を。

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)